「ホリダシモノ」物件を探すのは諦めよう

 

こんにちは、新築 高利回り大家の比嘉です。

ゴールデンウィーク最終日!

明日から平日ですね!気合入れて働きましょう!

ホリダシモノ物件を探す日々

私が不動産投資で今は「新築 高利回り」に軸足を置いていますが、

スタートは「築古 高利回り」に軸足を置いていました。

1棟目はうまく買えましたが、その後は良い物件に巡り合えず、

なかなか買えずにいました。

ただ、不動産投資の本にはよく

「ホリダシモノ物件以外は買わない」

と書かれていたので、私もとんでもなく条件の良い

ホリダシモノ物件以外は買わないことを決めていました。

色んな収益不動産会社に会いに行き、メルマガに登録し、

毎日、楽待とレインズをチェックして

物件情報を集めていました。

ただ、当たり前ですが、そう簡単には条件の良い部屋はでてきません。

それでも物件情報をチェックしつづけて、

「これはいいかも」と思った物件があったらできる限り早めに見に行きました。

ホリダシモノ物件情報、現る!!

そんな生活を続けていたある日、横浜のある不動産会社からのメルマガで、

非常に条件の良い物件情報が来ました!!

4000万円ほどのアパートで、

収益性、積算性、立地などどれをとっても条件が良かったんです。

「これはホリダシモノ物件だ!!」

と待ちに待ったホリダシモノ物件情報にテンションが上がりました。

20時くらいにそのメルマガが届き、

翌日の予定を急きょキャンセルして、

翌朝、すぐに現地を確認しに行きました。

建物の状態、周辺入居率、住環境等をチェックましたが、

すべて良好でした。

「これは間違いなくホリダシモノ物件だ」と確信し、

「絶対にほしい!」と強く思いました。

衝撃の33番手

すぐに買付証を入れようと思い、その前に一応、

確認の電話を不動産会社にしたところ、衝撃的なことを言われました。

比嘉「いまから買付をFAXしたいんですが、まだ平気ですか?」

業者「既に32件、買付証が入っています。

   今からだと33番手になります。

   あと、現金購入希望も3件入っています」

比嘉「33番手って・・・・。現金購入でも4番手・・・。」

そのメルマガが発信されてから約15時間で32件の買付が入ったそうです。

この物件を買うための正解は

「メルマガが来てから、

10分前後で物件の良さに気が付き、

 現金購入の買付を入れる」

だったようです。

なかなか来ないホリダシモノ物件情報を

ずっと待っているのも大変だし、

そんなたいした現金も持ち合わせてない

私にはその正解を選択することは無理でした。

「ホリダシモノ物件探し」からの脱却

それをキッカケにホリダシモノ物件探しをやめました。

世の中には10分毎とかに楽待や、レインズを

チェックし続ける方もいるそうです。

まぁ年に1回買えたら、1年分くらいの生活費作れますからね。

また、良い物件がでたらすぐに現金購入できる方もいます。

そういった方とガチンコ勝負をできる人は良いと思いますが、

少なくとも、私には勝ち目がないと思いました。

ただ、「儲けることより損をしないことが重要」

経営哲学の1つにしている私にとって、

物件購入ラインを下げてまで不動産投資をしたいとは思えませんでした。

そこで、色々悩み、試行錯誤した後に思い至ったのが下記のこと。

「誰にも見向きもされない土地から

 ホリダシモノ物件級の新築を建てる」

もちろん、この答えが正解とは言いません。

『物件の購入ラインを下げる』

『強烈な指値を繰り返し、ホリダシモノ物件にする』

『普通の物件を経営努力(客付け活動etc)で良い物件にする』

『ホリダシモノ物件探しのガチンコ勝負に参戦する』

『DIYでリフォーム費用を格安にする』

『価値ある情報が来やすいようにネットワークを構築する』

etc・・・・・。

いくらでも正解はあります。

実際に儲かっている人はこれらを

いくつも組み合わせていると思います。

ただこれだけは言えるのは

「そこそこの努力でホリダシモノ物件を買う」

は実現性が非常に低く、2年前の私と同じ上記の考え方をしている方は

自分に合った新たな不動産投資戦略を探されることをオススメします。

ちなみに、「もうすぐで不動産投資の買い場が来る」と騒いだところで、

今は「買い場待ちの不動産投資家」があまりに多いので、

仮にバブル崩壊が来たところで、2008~2012年ごろの再来はなく、

たいした「買い場」は来ないと思われます。

「買い場待ち」という戦略も優位性としては高くないと予想します。

どちらにしろ、何かしらの戦略が必要なので、

その1つが私と同じなら今後、書いていくコラムでも

きっとお役に立てることがあると思います。

「誰にも見向きもされない土地から

 ホリダシモノ物件級の新築を建てる」

今日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です