失敗が前提『弱気』な新築アパート投資を

こんにちは、比嘉です。

さて、今日は規模の話しです。

このブログや楽待コラムの影響で不動産投資家の中で

私のことを知ってくださる方が増えました。

大変、ありがたいことですが、

私のことを億万長者だと思っている方がいたのですが、

残念ながら、私は小金持ち程度です。

年収1億円には遠くおよびませんが、

週1~2日の仕事で、年収2,000万円以上、

人生を味わい尽くすライフスタイルが

理想のライフスタイルで、今はそれを実現できていると思います。

だから、ビジネスも投資もニッチを狙って、

「これなら勝てる!!」

というとても手堅い戦い方を見極めて、

小勝を重ね続けて、慎ましく生きております。

新築アパート投資も大儲けはできませんよ。

1件1件、めんどくさいので、急な規模拡大が難しいです。

ただ、小勝ではありますが、かなり勝率高いと思います。

大勝を狙うなら、やっぱり大規模の物件を

ハイスピードで増やしていくことに挑むしかないですよね。

ただ、私と同じように負けたくない。

小勝でいいから、しっかり勝ちを重ねたい方に向けて

今日もブログを書いております。

ということで、今日は慎ましい内容を。

新築アパートは「建物の失敗」を前提に考えよう

まず、よく言われることとして、

「新築投資って難しくないですか?
特に建物。よくわからないですもん」

ということ。

そうです。難しいです。

特に建物はわからない人には全くわかりません。

参考になる本とかもほぼないので、暗中模索で進むしかありません。

そして、多くの方に感じるのがその難しいことを

失敗せずに、新築アパートを建てようと思っている。

それ無理です。

私は今、6棟目に取り組んでいますが、

いまだに余裕で失敗します。

1棟目は特に失敗の連続でした。

だから、言いたいのは

「新築投資は最初は失敗する」

ということです。

それを前提に考えましょう。

ミニアパートからスタートする

私は1~4棟目はすべて4戸ミニアパートです。

3~4棟目はたまたま良い土地があったからですが、

1~2棟目は「最悪、大失敗してもリカバーできる規模」と決めていました。

土地建物合わせて2000万円台前半の投資案件です。

それを10%、11%と言ったところでたいしてお金は入りません。

5棟目でやっと5戸、

6棟目で6戸、たぶん7棟目は今のところ8戸予定と、

ちょっとずつ規模を大きくしております。

とにかく最初は建築に関しても、設計に関しても、

知識不足・経験不足・人脈不足

で予想から下方修正を強いられる可能性が大いにあります。

だから、仮に

「思ったより家賃取れない」

「建築コストが追加で〇〇万円かかる」

などの想定外が起きたとしても、

自腹で賄える規模を中心に建ててきました。

さすがに6~7棟と回数を重ねていくと素人だった私も

設計・建築・客付けに関してわかってくることが多いです。

規模を大きくするのはそれからもいいと思うんです。

私は不動産投資は今後20~30年続けていく予定ですし、

それを考えると今は序盤も序盤です。

序盤は「儲け」よりも重要な

「実力・経験」を手に入れるために投資をしましょう。

序盤で大勝しようとして、できる方もいますが、

躓いてゲームオーバーになる方もたくさんいます。

負けないことの方がずっと重要です。

隣のメガ大家に惑わされず、

我々、小物はしっかり小勝を重ねていきましょう。

今日もありがとうございました。

※新築アパート投資をもっと学びたい!と思ったら、レポートを。

※新築投資をやろう!と決めたら、ぜひ、動画をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です