プロギャンブラーから学ぶ勝利の原則2

こんにちは、比嘉です。

さて、昨日の記事、思ったより好評ですね。

不動産投資系の記事ではなかったので、

もっと評価低いかと思ったら、

思いの外、関心を持って頂けて嬉しいです。

ありがとうございます。

ということで、今回は続編です。

jjjjjj昨日のブログをまだの方はぜひ、そちらから。

↑カジノではすっごいキレイなアンバサダーがいっぱいいた

↑伝説的ギャンブラー のぶきさん

合理性オンリーではなく、「好き」も大切

「◯◯という手札が好きで、弱い手札だけど、

 必ず勝負に行く」

という話をされていました。

神の領域と言われるほどの勝率を誇る人が

こんな不合理な選択をするのかと思いました。

ただ、これも非常に共感ができるところです。

人生では「勝つ」に負けず劣らず、

「好き」もすごくすごく重要です。

99%は合理性、1%の好き。

でも、実はその1%の「好き」の果たす役割はとても大きいです。

また、その「好き」があるからこそ、

続けられるし、楽しめるし、いい意味で隙が生まれ、

遠巻きながら人を惹きつけることも往々にしてあります。

1%の「好き」には無限の可能性・広がりがあります。

ビジネスに「好き」を持ち込む

うちの会社で例を出すと、会社のマスコットキャラとして、

歯茎アイドルと銘打って

友人に出てもらったりしています。

↑歯茎が出ている女の子が

富士山かぶってふざけているだけです笑

これは完全に遊びです。

最大の報酬は私と社員が楽しんでいることだと思っているので、

遊び目的でやっています。

ただ、その隙が人を惹きつけることもあり、

「面白い不動産会社ですね!」と言ってもらったことは数知れず、

賃貸仲介会社としては抜群にお客様紹介率が高い会社

であることはうちの自慢です。

(もちろん、その他の施策も多数しています)

ビジネスで儲ける、つまり生産性を高めるには

合理性は最重要と言えます。

ただ、合理性だけを考えるのは、実は生産性が低くなり、

若干、合理性に欠いた考え方が、

最も生産性が高くなることは往々にしてあります。

金銭的な報酬はなんとも言えませんが、

楽しさ、継続性、関係性など数値化されずらい報酬は

1%の「好き」がもたらす報酬と言えます。

不動産投資に「好き」を持ち込む

私のコラムでは不動産投資の

「戦術」「勝ちパターン」

について書いていることが多いですが、

それを選択する上で「好き」は大きな選択基準にしていいと思います。

不動産投資で儲かっている人と同じくらい、

不動産投資を楽しんでいる人は高い報酬を得ていると言えるからです。

わかりやすい例は楽しみながら、

『diy系大家さん』とかは

家賃収入とは別の報酬を得ていると思います。

私は新築アパート投資をするのは

建物の企画が「好き」で、

どんな建物にしようか考える仕事は

私にとっては報酬です。

エリアとしてほぼ神奈川県でのみ投資をする一番の理由は

「神奈川県の経済に貢献したい」という

神奈川県「好き」であるからです。

また、戸建て投資をしない理由は

合理的判断ではなく、

私の苦手な虫との遭遇率が高いからです。

もちろん、「儲けてこそビジネス・投資」ですし、

儲けるは1番だとは思います。

ただ、すべてではありません。

どんな「戦略」が好きか?

儲かることは前提ですが、戦略を選択する上で

「好き」を重要なファクターに

することは大きな報酬となります。

今の戦略は「好き」ですか?

たとえ、金銭的な生産性が低いように見えても、

「好き」を選択すれば、総合的な生産性が高まることは往々にしてあります。

ラッキーで金銭的報酬が高くなることもありますが、

それうんぬん、関係なしに「好き」

ビジネスに投資に持ち込んでみましょう。

きっと素敵な報酬があるはずです。

今日もありがとうございました。

「負けないことが大切」

「迷ったら下りる」

「とにかく低いレートから始める」

などギャンブルにも、ビジネスにも、投資にも通ずる

素晴らしい話はいっぱいあり、

今日のブログは自分の「好き」を優先させてみました。

あなたの「好き」に共感してもらえたらラッキーです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です