【「1人勝ち」する新築投資 戦略】

こんにちは、比嘉です。
8月12日のセミナーですが、
募集開始して今日でちょうど1週間ですが、
既に半分以上の申込が入りました。


よくある超初心者向けセミナーや、
無料・格安セミナーではないのに想像以上の勢いです。


ありがとうございます。
セミナーの詳細はこちら


まぁ無料・格安セミナーは得るものがなくって、
ただ営業されるだけなんですけどね笑


私が無料セミナーとかに行かない理由です。


ちなみに、今回は超初心者向けではないです。
メインターゲットは中級者以上の不動産投資家。
少なくとも、中級者以上になろうとしている
初心者投資家がギリギリのラインです。


「1棟も持っていなくて、これから勉強します」
という超初心者は私のセミナーより先に
本を最低でも20冊以上は読むことをオススメします。
35,000円で20冊以上、買えます。


本や実践である程度、学び、
「本以上」を学びたい人にお越し頂きたいです。
そういった方には必ず、その価値を提供できるので。


すいません、セミナーの話しが長くなりました。
本日は「エリア」の話しですね。


何度か書いていますが、不動産投資エリアを私は
人気エリア・不人気エリア・不人気ではないエリア
の3つで考えています。
多くの方が「人気エリア」で投資をやりたがります。
ただ、多くの方がやりたがるということは
必然、価格が上がり、利回りが下がります。
また、ライバルが多いので、努力・スピード勝負が求められます。
もしくは、特別なコネクションが必要になったりします。


稀にですが「人気エリア」で高利回りの新築を
持っている方がいます。
そういった話しを聞くと私自身も羨ましく思います。
ただ、よくよく聞くと、ほぼ再現性がないです。
あっても、多大な努力・スピード、
もしくはそれに準ずる「何か」を強いられます。
その証拠に「人気エリア」の高利回り物件は
ほとんどが1棟、多くて2棟です。


私はビジネスにおいては「1人勝ち」を狙っています。
血みどろの戦いに打ち勝って、お金を稼ぐような
大変な戦い方をしたくないんです。


5年前に立ち上げた不動産仲介業では他が避けたがる
最も単価の低い『単身者の賃貸』の専門を謳い、
需要はあるけど、ダサい街である大森をエリアに選び、
初月からずっと黒字を出して、1人勝ちをしました。


今回のセミナーも本すら出していない私が
これだけ人を集められるのは多くの不動産セミナーが
「無料・格安セミナーで売込みを受けるセミナー」である中、
「高価格だけど、ここでしかない情報を得られます」
謳っているからだと思います。
もう不動産投資家は「安いセミナー」は求めていません。
「金払うからいい情報を!」っと思っています。


そして、本題ですが、不動産投資においても同様です。
多くの投資家が「人気エリア」で血みどろの戦いをしている中、
私は「不人気ではないエリア」でその人気分をカバーするような
高利回りの新築物件を建てています。


「不人気ではないエリア」では急ぐ必要はありません。
最新情報を毎日、毎時チェックする必要もありません。
ライバルと物件を取り合ったりすることもありません。
1人勝ちです。
「戦略とは戦いを略すること」
誰か(ドラッカー?)が言ってました。


頭の悪い怠け者は戦ってはいけません(←私のことです)。
1人勝ちできる市場は規模が小さいので
大金持ちになることは難しいですが、
それでも小金持ち程度にはなります。


そこで悠々と「1人勝ち」をしましょう。
「人気エリアの高利回り」を狙うより、
「不人気ではないエリアの高利回り」を
マイペースで買い進めていきましょう!




【今日の教訓】
弱い人はとにかく戦わない。
大勝はせずとも、「1人勝ち」を狙おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です