【 空室&売却対策用のための 新サービス】(一都三県のみ)

こんにちは、新築高利回り大家の比嘉です。

さて、今日は新サービスのお話し。

まぁ別にドカンと派手にスタートさせるわけでなく、
小さく地味に慎重にスタートさせます。

私は一応、賃貸仲介でサラリーマン時代に
営業マンとして220人中NO.1、店長として50店舗中NO.1、

マネージャーとして7エリア中NO.1でした。

さらに、現在は独立して賃貸仲介会社の社長で、

創業1年目からずっと黒字です。

その経験も生きて、空室対策はかなり得意としており、

オーナーになってから空室率で悩んだことはありません。

(所有物件はすべて駅から遠い)

私は自分を客付けのプロ中のプロだと思っていますが、
その私が「家賃を下げる」以外の空室対策として

とても効果を感じることが3つあります。

『すごくキレいに写真を撮る』

『インパクト&好感度のある業者周り』

『ネットへの積極的な露出』

上記の3つです。

『すごくキレいに写真を撮る』

大家さんは部屋探しをする人が少ないため、

あまりSUUMOなどのサイトを見ませんが、

写真を綺麗に撮るか、否かでネット反響は全然違います。

私の会社は大田区150社の中でいつも3位以内に入るほど

ネット問合せをもらっていますが、

その最も大きな理由はどの会社よりも「写真」に力を入れたからです。

10万円以上のレンズを買い、写真講習を受けさせ、

毎日のように物件写真を撮りに行く。

写真の質&量でトップクラスだったから、

ネット反響もトップクラスでした。

そのため、自分の物件写真にはこだわります。

それによってネット反響が違うことを知っているからです。

最近は家具などを設置し、ステージングもするようにしています。

 

ただのキレイな写真は多いですが、

ステージング(家具設置)されたキレイな写真は少ないため

インパクトがあり、ネット反響が増えるからです。

『インパクト&好感度のある業者周り』

私は賃貸仲介店で9年働いていたので、

管理会社やオーナーから業者周りを受けてきました。

ただ、ほとんどの人がただ物件資料を置いて

「客付けお願いします」と言って帰るだけ。

もうその人が帰った瞬間、ゴミ箱いきです。

多くの方が業者周りの目的を

「業者を周ること」と考えています。

ただ、私が考える業者周りの目的は

「物件へのインパクト&好感度を高める」です。

その目的に沿ってトークを考え、

コミュニケーションを取るので、

「物件へのインパクト&好感度を高める」ことができます。

そのおかげもあって、うちの業者周り後の

物件申込み率は相当、高いと思います。

(数値化はできませんが)

『ネットへの積極的な露出』

【社会悪な不動産会社は潰れろ!】でも書きました。

「たくさんネットに掲載されていると不人気物件に思うから
あまり多くの業者に掲載させない方がいい」

というのは両手取りたいクソ管理会社のガセネタです。

むしろ、どれだけネット露出を増やせるかは

空室対策の肝と言えます。

できるだけ多くの会社に、できるだけ多くの媒体に、

しかも、「キレイなステージングされた写真」を掲載することは

空室対策において、非常に効果的です。

その効果性に比べれば

「不人気物件だと思われるリスク」なんて取るに足りません。

賃料が適正で以上の3つ

『すごくキレいに写真を撮る』

『インパクト&好感度のある業者周り』

『ネットへの積極的な露出』

ができれば入居率でエリア平均を上回ることは容易です。

ただ、オーナー自身が上記の3つをやるのは

「年収高い人が多いので、業者周りより働いた方が稼げる」

「カメラ良いの持っていない。撮る技術もない」

「業者と話慣れていないので、うまくコミュニケーション取れない」

「ネット掲載の仕組みがよくわかっていない」

などの理由で、とても非効率です。

ということで、

『すごくキレいに写真を撮る』

『インパクト&好感度のある業者周り』

『ネットへの積極的な露出』

オーナーができないようなハイレベルで外注できるようにすれば、
すごく多くのオーナーが
助かるのではないかと思い、新規事業をスタートさせることにしました。

それが【満室 ステージング】というサービスです。

すごく簡単に言うと

1.ステージングを行い、部屋の魅力を引き立たせる

2.高級レンズでキレイな写真を撮る

3.効果的な業者周りを行い、物件のインパクト&好感度を上げる

4.業者に写真を送り、掲載依頼をして、質の高いネット露出させる

というサービスです。

それを私の賃貸仲介業の創業メンバーであり、
未経験から3ヶ月でトップ営業の私と同じ営業売上を上げた
【吉田 たかあき】が行います。

吉田はステージングを習い、写真のセンスもあり、
何よりコミュニケーション能力が抜群に高いです。

その吉田が1~4をやります。

ステージングにおいても、
カメラの性能においても、
写真の技術においても、
業者周りのコミュニケーション能力においても、
それをネット露出につなげる能力においても、
ムチャクチャ高いはずです。

また写真データはオーナーに差し上げるので、
このサービスは「一過性の空室対策」ではなく、
オーナーの資産になります。

「ステージングされたキレイな写真」というのは
10年くらいは使い続けることができるので、
1回きりではなく、長い間空室対策に使うことが可能です。

何より大きいのは
満室にして売却をする際、大きな価値を発揮します。

満室であっても外観写真しかない物件と、
満室で「ステージングされたキレイな写真」がある物件とでは
売却スピードも、売却額も変わるのは想像に難くないと思います。

だからこそ、今回のサービスは「空室対策」だけでなく、
「売却対策」としても効果が期待できます。

非常に長くなりましたが、具体的なサービス内容と
募集は明日中に投稿しようと思います。

興味がある方はFacebookグループと、吉田のアカウントを記すので、
Facebookグループへの参加
吉田への友達申請をしてください。

【満室ステージング グループ】

【満室 ステージング(吉田 たかあき)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です